~お家でのケア・・・シャンプー編~

こんにちは、こちらは広島県呉市の髪質改善サロン
HAYATAgrandeの守光です♪

このブログを始めてかれこれ経ちますが・・・
昔の私は良い事書いてるって思って・・・
過去の引用ですがもう一度見直してみてください。

正しいシャンプーのやり方

寝て起きると昨日の髪はどこへやら・・・
そんな経験ないですか?・・・絶対ありますよねwね!!!

では、なぜ家では同じようにならないのか?

それは家でのお手入れが間違っているからです!

お金はかかりません!
少しやり方を変えるだけ。

毎日間違ってる事をすれば、どんどん髪質は悪くなります。
逆に毎日正しい事をすれば、どんどん髪質は良くなります。

髪はキレイな方が絶対良いですよね(´U`*)ね!!!
それでは復習ましょう!

二人の絵


正しいシャンプーのやり方について解説します。

~目次~

当たり前の事ですが、正しくシャンプーできている人は意外と少ないと思います。

髪の毛のダメージが気になっている人は
今一度日頃のお手入れ方法を見直してみては?

シャンプーの仕方でダメージの原因を作ってしまっている人はとっても多いです。
毎日のことなので、習慣付けましょう!

特に、パーマやカラーをされている人はぜひぜひ!!!
今日から始めましょう〇┓ペコリ


 

シャンプーをする前に・・・

ブラッシング

髪が長くなればなるほどとにかく引っかかります。

シャンプー中にとかしながら洗う事もできますが濡れた髪はとてもデリケート!
キューティクルが開いた状態でブラッシングしたり
もつれた髪を引っ張ったりしても髪に良くありません。

なのでいきなり洗い流すのではなく
まずは乾いた状態で髪を優しくとかすようにしてください。

Let’s shampoo!!! (´U`*)


 

シャンプー前にお湯でしっかりと流す

tn

髪をとかした後はお湯でしっかりと髪を流します。
シャンプーの為にただ髪を濡らすのではなく
お湯でしっかり洗う事を意識してください。

髪の汚れの80%以上は湯せんで落ちていきます。

この時の湯せんが十分でないとシャンプーの泡立ちも悪くなり
ついついシャンプーの量も多くなります。
しかも髪に摩擦が生まれやすくなるので、これもよくありませんね。

もはやしっかり予備洗いするしかないのですw

Let’s shampoo!・・・まだかぁぁぁ!?


 

シャンプーを泡立てます

 

シャンプー

ここまで出来たら初めてシャンプーを手に取ります。
シャンプーを手に取っても、まだ直接髪にはつけないでください。

まずは手のひらの上で泡立てます。
泡立てネットを使って、モコモコになるまで泡立てるのもおすすめです。

この時、シャンプーの種類によって泡の立ち方は違います。
界面活性剤が少ないシャンプーほど、泡立ちはよくありません。

しかし、この泡立ちがすくないのは、界面活性剤が抑えられているからです。
美容院のシャンプーや割と値段の高いシャンプーなどに多く見られます。

なので、泡立ちが悪いシャンプーは髪に優しいシャンプーが多いです。

なぜ泡立てるのか・・・
楽しいから・・・?
前世アライグマだから・・・?

そぅじゃないでしょーーーーが!!!

原液をつけると頭全体にまで行き渡らず、洗い残しやすくなります。
頭皮が痒くなるなどのトラブルの原因に・・・

Let’s shampoo!!!・・・

あの・・・そろそろ・・・シャンプー・・・したいんですけども・・・(・ω・;A)アセアセ


 

シャンプーの方法

泡立て

泡は地肌から付ける!

シャンプーで一番洗わないといけないのは頭皮!
だから、泡立てたシャンプー剤は、髪の毛ではなく地肌に直接つけていきます。

頭皮がきちんと洗えていないと、皮脂がたまって毛穴をふさぎ
直毛の人でもクセ毛になってしまうことも!

シャンプー=洗髪ですが、洗頭にするべきだと思う今日この頃・・・

もし、髪が汚れているように感じたら、頭部にシャンプーをつけた後に
再度シャンプーを手に取って泡立ててください。

泡立てたシャンプーを頭皮とは別に、髪に揉み込んでいきます。


 

頭皮をマッサージするように洗う

シャンプーを頭皮につけたら早速洗っていきます。

洗うといってもゴシゴシとこするのではなく、揉むように洗います。

”擦る”という行いは、頭皮の脂質もはがし
成長期毛(髪の赤ちゃん)も引っ張り抜いてしまいます。

擦るのではなくわしづかみにするように頭皮をつかみ
指の腹で円を描くように頭皮をマッサージする感じです。

できるだけ摩擦を抑えるような手の使い方を意識してください。

ジグザグな動きをプラスして、さらにマッサージを。
毛穴もきれいに、血行も改善して、健康な髪が育ちやすくなります。


 

爪は立てないで、指の腹や指頭を使う

地肌

指の先の部分を使って洗いますが
爪で頭部を傷つけることがなようにしてください。
爪を立てていると、頭皮を傷つける原因に・・・


 

シャンプーを流していきます

流し

頭皮にシャワーヘッドを当てて、地肌からしっかりと流します。
すすぎ残しのないよう、ぬるつきがなくなるまで流します。

洗う行程も重要ですが、実は流しはとっても大事!
ここがしっかりできないと、肌荒れやダメージの原因にもなります。

洗う時よりも時間をかけて徹底的に流して下さい。

シャンプーの時間が2分なら、すすぎは4分かける!

マジかぁぁぁ!!?・・・マジですw
すすぎは2倍以上の時間をかけてしっかりです!

特に耳の後ろや襟足などは洗い残ししやすいので
これでもかぁぁぁ!!!と叫びながらwww
優しく洗い流します♫


 

背中にシャンプーが残っていると肌荒れの原因に・・・

頭部だけではなく、背中や肌にも残らないようにしてください。

背中にあるニキビや、首元の荒れの原因は
シャンプーが肌に残っているケースが多いと言われています。

背中や首元にブツブツできてませんか?

あっ、アタシの背中にブツ・・・ん?ホクロだた・・・凹〇コテッ


 

まとめ!

良いシャンプーは、髪をとかすところからです。

綺麗な髪は毎日の気遣いから!
一度身につけて習慣化していけば、自然とできるようになります。

慣れるまで時間はかかりますが是非やってみてください♫
1ヶ月〜2ヶ月もすれば、かなり違いがでますよ!

是非お試し下さい。

次回は良いシャンプーの選び方と髪の乾かし方について書いていきます。

綺麗な髪・・・カマー-ーーーン!!!(´U`*) うふん

追伸

とにもかくにも流し!!!
イジョ


オーダーメイド髪質改善ヘアエステサロン
広島県呉市の傷まないカラーのできる美容室HAYATAgrande

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA