日別アーカイブ: 2016年10月2日

~髪の乾かし方・・・再び~

こんにちは!~HAYATA grande~の守光ですです。

キレイな髪を作るため髪の乾かし方です!

どんなにシャンプーやトリートメントに気を使っていても
ドライヤーのかけかた一つで台無し・・・って事も・・・涙


~目次~

★タオルドライを入念に行うこと
★洗い流さないトリートメントの重要性
★乾かす順番
★バック・後頭部の地肌から乾かし始める
★サイド・両方の側面を乾かす
★フロント・前頭部を乾かす
★中間から毛先を乾かす
★乾かすポイント
★ドライヤーの送風の強弱設定
★乾いているかどうかの確認方法
★髪を乾かす時は上から温風を送る
★まとめ

 

タオルドライを入念に行うこと

いきなりドライヤーを使うのではなく
まずはタオルでしっかりと水分を吸収しておきましょう。

はぃ、一回ドライヤー置くぅぅぅ・・・madahayai、ぉぅぃぇ!

タオルドライがあまいと、ドライヤーの時間がかかり
髪にダメージを与えやすくなります。

タオルドライの注意点もありますが・・・
長くなるので簡単に書くと・・・
ゴシゴシせんとってーね・・・イジョw
S_4247769161154


洗い流さないトリートメントの重要性

 

タオルドライで水分を吸収しても、まだドライヤーは使いません。

はぃ、ドライヤー置くぅぅぅ・・・aseranai、ぉぅぃぇ!

乾かす前には必ず洗い流さないトリートメントを活用しましょう。
ドライヤーの熱から髪を守る効果と、トリートメント作用が期待できます。

髪を綺麗にしていくためには、ドライヤーの熱は天敵!!
必ず乾かす前にアウトバストリートメントを活用しましょう。

洗い流さないトリートメントをしっかりと中間毛先につけたらドライヤーで乾かしていきます。
S_4247769185847


乾かす順番

やみくもにドライヤーで乾かし始めるのではなく乾かしていく順番を確認しましょう。

全ては髪の毛の乾かしすぎを防ぐため。

適切な順番を覚えておくだけで、無駄がなくドライヤーの時間も短縮でき
髪へのダメージも防げます。

(・ω・;A)アセアセ・・・・・も、もう・・・ド、ドライヤー持っても・・・

はっ          今でしょ!!!w

握力の限界まで力いっぱい握りましょう(*ノω`*)ゥレチィ♪


 

バック・後頭部の地肌から乾かし始める

まずはバックから・・・
はぃ、そこカバン見ない・・・・・・(*ノωノ)

少し下を向いて後頭部の地肌から乾かし始めましょう。

ロングヘアーの方は、髪の毛を全前方にもっていき
頭皮に向かいできるかぎり垂直にドライヤーを当ててください。

ドライヤーと頭皮の距離は10センチ~15センチ程度が適切。

後頭部の頭皮に確実に温風が当たるようにしてください。
S_4247769248003


 

サイド・両方の側面を乾かす
S_4247769280150

後頭部の頭皮が乾いたら、今度は両方のサイドを乾かしていきます。

上から落ちてくる髪をすこし持ち上げて、中に温風を送り込む感じで♪

表面の髪に温風を当てるのではなく、あくまでも地肌から。
ドライヤーをすこし振りながら、髪の内側(頭皮)に温風を送り込みましょう。

両サイド根元が乾かしたら次はフロントです。


 

フロント・前頭部を乾かす
S_4247769398026

前髪を作っていなくロングの状態でしたら
まずは髪の毛をしっかりと前にもっていきましょう。
この時もドライヤーは頭皮に対して垂直に。

下から当てると、フロントが持ち上がるのでセットが大変になります。

浮かしたくない人は、小刻みに動かしながら根元に癖がつかないように乾かしましょう。

後頭部から始めて、両サイド、前頭部と根元を乾かしたら
次は中間から毛先をチェックします。

中間から毛先を乾かす

ショートからミディアム程度の長さでしたら、頭皮を乾かせば自然と毛先まで乾きます。

しかしロングヘアーの場合、頭皮とは別に
中間から毛先にかけて乾かしてあげる必要性があります。

頭皮が乾いたら一度ジャンボコーム(目の粗い大きな櫛)で、綺麗に梳かしましょう。

そのあと、手櫛を通しながら中間と毛先を乾かして終了です。


乾かすポイント

ハンドブローでも上手にできるようになると
ツヤツヤで光り輝く艶髪を作ることができます。

ひとつひとつがブローの時の大切なポイントなので
髪を綺麗にしていきたい人は是非取り入れてください。

頭皮はしっかり!髪8割~9割乾けばOK

ドライヤーで乾かしすぎは絶対にNG!
目安は全体の8割~9割程度に乾かした状態がベスト

頭皮はしっかり乾かして、髪は完全に乾ききる前に終わるようにしましょう。


ドライヤーの送風の強弱設定

ドライヤーの送風の強弱設定についてです。

頭皮を乾かす時は、【強】で乾かし、中間~毛先を乾かす時は【中】に設定しましょう。

【強】のまま毛先まで乾かすと、ついついオーバードライになりがちに。

防ぐために一段階落とすようにしてください。


乾いているかどうかの確認方法

頭皮が乾いているかどうか、片方の手を地肌に当てて確認しながら乾かしましょう。

手櫛で梳かしながら、頭皮も一緒に触るようにします。

地肌が湿っていたらまだ乾いていない証拠。
もうすこし時間をかけてあげましょう。

最初は頭皮の水分状態を感じ取ることは難しいかもしれませんが、全ては慣れです。

踏ん張りましょうd(´I`●)ネッ


髪を乾かす時は上から温風を送る

頭皮を乾かす時は、地肌に向かって垂直にドライヤーを当てていきます。

しかし、中間~毛先、髪を乾かす時は上から下に向かって温風を当てましょう。

下から上に風を送ると、細かな髪が表面に巻き上がるので、全体が整いにくくなります。

上から乾かしてあげるとキューティクルが綺麗に整いツヤツヤに仕上がります。


まとめ

  • タオルドライは入念に

  • 乾かす前にアウトバストリートメントは必ずつける

  • 乾かす順番は頭皮から

  • 後頭部、側面、前頭部の順番に乾かして、毛先は最後

  • 頭皮はしっかりと乾かして、髪は8割~9割でOK

  • 地肌を乾かす時は強風で、髪を乾かす時は中風で

  • ドライヤーを持たない方の手を使い、頭皮を触りながら乾かす

  • 髪を乾かす時は上から風を送る


     

ポイントが沢山ですが一つ一つがとっても重要です。
ぜひ取り入れてみてくださいね。
抜群にツヤツヤでまとまりますよ (っ´▽`)っ))ヨロチク


オーダーメイド髪質改善ヘアエステサロン
広島県呉市の傷まないカラーのできる美容室HAYATAgrande